穴水大宮 本文へジャンプ
御祭神・御由緒  初詣  諸祈願・御祈祷  七五三詣  大祓式  御守
春季例大祭 秋季例大祭 境内案内 奉務神社紹介 全国神社リンク集

諸祈願・御祈祷のご案内

霊験あらたかな穴水大宮大神霊様の御蔭をお受けいただくために、厄災を祓い、開運成就を遂げられますよう諸祈願・御祈祷を致しております。

厄祓
災厄を避け、今後の人生を無事安泰に過ごすため、無病息災を祈願します。
厄年は、生活環境の変化による仕事面や生活面などから社会的・家庭的・肉体的・精神的にも大きな曲がり角の年であり、人生の節目に凶事や災難があらわれやすい年齢と言われています。
・男性 … 25歳 42歳 61歳  ・女性 … 19歳 33歳 37歳 (数え年)

家内安全
1年間の開運と家族の円満、家運の繁栄などを祈願します。
家族のみんなが無事で幸せに過ごせるよう、家運が繁栄するように家内安全のご祈願を受けましょう。

車祓(交通安全)
無事故でつつがなく過ごせるように交通安全を祈願します。

初宮詣(赤ちゃんのお宮参り)
赤ちゃんが初めて神社にお参りをして、神さまのご加護のもと無事に誕生したことを感謝し、これからも健やかに成長するようにと祈願します。
男子は生後三十一日目、女子は生後三十三日目にお参りするのが一般的です。
(あまり日数にこだわらずに赤ちゃんの体調の良い日や天気の良い日を選んでお参りするのも良いでしょう。)

安産祈願

安産と母子の無事を願って祈願します。
子供は、神さまから“授かる”といい、「神さまからの恵み」と考えられてきました。
その恵みに感謝し、妊娠五ヶ月目の戌(いぬ)の日に神社にお参りをし、着帯の祝いを行います。
戌の日が選ばれるのは、犬は多産で安産であることからこれにあやかるためと言われています。
(諸事情により戌の日に予定が合わない場合、都合の付く日や天気の良い日を選んでお参りするのも良いでしょう。 )
安産祈願をされる方は、「新しい腹帯」をご持参ください。


病気平癒
様々な病気の平癒,怪我の治癒,健康祈願,早期回復,手術成功など祈願します。

合格祈願
心身健全にて勉学に励み、神様のご加護を戴きまして、志望校への合格、就職試験・資格試験などの合格を祈願します。

必勝祈願
スポーツ・芸事などの必勝を祈願します。

社運隆昌・商売繁盛
根強い支持、将来の発展・成功・繁盛に恵まれるよう祈願します。

長寿祝い
人生で大事な節目の年に達したことを祝い、その後の人生の無病息災・健康長寿を祈願します。
還暦(61歳) 古希(70歳) 喜寿(77歳) 傘寿(80歳) 米寿(88歳)
卒寿(90歳) 白寿(99歳)

他各種祈祷もご奉仕致しております。お気軽にご相談ください。
御祈祷を受けられた方には、
御守・木札・絵馬・破魔矢等、授与致しております。


厄年について

厄年とは、「一定の年齢で災難にあうおそれがあるので、用心して身を慎む」という風習のことです。
厄年は、生活環境の変化による仕事面や生活面などから社会的・家庭的・肉体的・精神的に大きな曲がり角の年であり、人生の節目に凶事や災難があらわれやすい年齢と言われています。
厄年の時期は、心身の変化や社会的環境の変わり目にも当たり、 体調を崩しやすいのです。
社会的にも責任が重くなり、それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多く、家庭では子育てや子供の受験や反抗期を向かえ、非常に多忙な時期でもあり、体調や気持ちが不安定になりやすくなります。
そのため、不慮の事故や怪我、病気なども起こりやすいとされています。
私たちの一生の節々を健康に過ごすため、「転ばぬ先の厄祓」として、背負うことなく、家庭に背負わせることなく、神社にて祓い清めましょう。
厄年だからこそ、新たに気を引き絞め、普段よりも健康管理をはかり、気持ちを落ち着かせ心安らかな生活を過ごすことが大切なのです。

人生の節目の意識・姿勢が大切

Q
厄年に住まいを新・増改築したり、引越ししたりすると良くないと聞くのですがどうなのでしょうか。
A
厄年の時期は、社会的環境・家庭的環境・心身的変化が大きくあらわれやすいという時期であって、動いてはいけないという事ではありません。
生活の中で新・増改築、引越しの時期が厄年と重なってもおかしいことではなく、そうでなければ、厄年の期間、その他の事柄に関しても何も動けないこととなってしまいます。
新・増改築、引越しは大きな行動・出来事でありますから、厄年の時期に何事にも向こう見ずになりがちでは無茶に遭う事も多くなるでしょう。
つまり、その節目を意識し注意して過ごす事が重要で、十分な計画と慎重な行動を心がける事が大切なのです。
そして、その厄年の中で、事を起こしても良い時期と良くない時期がありますので、新・増改築、引越しにおいては凶となる方位・時期は避け、吉となる方位・時期を選んで行動しましょう。
また、神社で厄除けの祈願「厄祓」を行うのも良いでしょう。

出張祈願

地鎮祭
家の新築工事 や、土木工事などにとりかかる際、その土地をお守りくださる神さまにご挨拶を申し上げ、工事の安全と守護を祈願する祭儀。

上棟祭
建築工事が進み、ようやく柱が立った頃、棟木(むなぎ)を上げる前に、工事の安全と建物の堅固長久を祈願する祭儀。

竣工祭
新築した建物を祓い清め、建物が末長く安全堅固であることを祈願する祭儀。

神棚奉斎清祓
初めて神棚を設けた際に、これからお守り頂く新しい神棚をお清めし、一家の安泰を祈願する祭儀。

家の新築・増築・改築・物件購入・解体や会社事務所の開業・店舗の開店などは大きな節目であり、事前に土地の神様・建物の神様に工事の安全、発展・繁栄を願うことが大切であると古くから考えられてきました。
神職が、ご依頼者の土地や住宅、会社・店舗など現地までおもむいて祭典を行います。
出張祈願は、完全予約制となっておりますので、日時の予約や事前の準備品など詳しくはお電話、又はメールにてお問い合わせください。

御祈祷・御相談に関して、お気軽にご連絡・お問合せください。
 
正一位 式内社 穴水大宮

〒927-0026 石川県鳳珠郡穴水町大町ホの1番地
電話:
0768-52-0753
URL http://oomiya.main.jp/  E-mail sktmys@angel.ocn.ne.jp