" " 正一位 式内社 穴水大宮
本文へジャンプ
 
           
 HOME
七五三詣のご案内

七五三とは、子供が無事に成長した感謝の気持ちを神様に告げ、子供の健やかな成長をみんなで祝うというものです。


男児三歳・五歳 女 児三歳・七歳 
 (数え年が一般的ですが、近年は満年齢で参拝される方も多数おられます。)
期  間 10月〜11月いっぱい
授与品 祈祷神符、御守、千歳飴、金メダル、おもちゃ、他。
準備する物 1、御祈祷料
「お子様」
 お1人様7,000円  お1人様増3,000円
 (上記の金額には清酒代が含まれております。)


「のし袋」に、御祈祷料を包んでお持ち下さい。
上書きには「御初穂料」または「玉串料」、
下には子の名前をお書き下さい。

お祭りの後は お楽しみ景品 プレゼント!!

平成28年の七五三
(数え年は生まれた時点で1歳を数え、満年齢は生まれた時点が0歳となります。)


(数え年の場合)


(満年齢の場合)
男女児 「3歳」
平成 26 年生 男女児 「3歳」
平成 25 年生
男  児 「5歳」
平成 24 年生 男  児 「5歳」
平成 23 年生
女  児 「7歳」
平成 22 年生 女  児 「7歳」
平成 21 年生

穴水大宮では、皇室に伝わる強運を祈る『碁盤の儀』、堅固長久の『深曽木の儀』 が執り行われています。
碁盤の儀
世界をしっかりと踏んで立つ立派な大人になるようにとの願いが込められています。
また、碁盤のように節目正しく、美しく、そして強運を祈ります。
深曽木の儀
加茂の糺川石(京都産)を足に踏ませます。
堅固長久の象徴であります。


親・子・孫の絆が一層深まっていくような光景が美しく感じられます

ビデオ・デジカメ・写真等の撮影は自由となっております。
めでたくすくすく成長したお子さんの映像・写真を記念として残せるよう、時間の許す限りたくさん撮影しましょう。

記念撮影・貸衣装
社務所にて「記念撮影」・「貸衣装」も取り扱っております。

「記念撮影」(完全要予約)貸衣装ありの場合、貸衣装代3000円。
サイズや枚数などで料金が異なります。
「貸衣装」(完全要予約)貸衣装代4000円。
ご利用の方は、お子さんの性別や身長等などお知らせ下さい。
着付け致します。

「駐車場有り(無料)」
 境内をご利用下さい。

「着替室有り(無料)」
 衣装をお持ちの方は、社務所の着替室をご利用下さい。

◆ 七五三記念撮影料金表 ◆
サイズ 1ポーズ (2冊渡し)
「お子様の写真」
焼増 1枚
六切判(19.3×24.4cm) 13.650円 3.675円
八切判(15.5×20.6cm) 10.500円 2.625円
大中判(12.2×17.2cm)  8.400円 2.100円
サイズ 2ポーズ (2冊渡し)
「お子様+ご家族との写真」
焼増 1枚
六切判(19.3×24.4cm) 25.000円 3.675円
八切判(15.5×20.6cm) 18.000円 2.625円
大中判(12.2×17.2cm) 16.800円 2.100円

七五三は、この年頃の子供の年祝いをする古くからの風習に由来するもので、代表的なものは、3才の「髪置(かみおき)」、5才の「袴着(はかまぎ)」、7 才の「帯解(おびとき)」の祝いです。
「髪置」は男女児ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。
また男児は「袴着」で袴を着け始め、女児は「帯解」でそれまで付け紐で着ていた着物から帯でしめる着物にかえました。
つまり形式的にではありますが、七五三を終えて、晴れて一人前として扱われるようになったのです。
11月15日にお祝いを行うようになったのは、この日が二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)で、祝い事に最良の日であり、11月は秋の実りを神に感謝する月、旧暦の15日は霜月の十五夜で望月で、収穫感謝の祭りを行う大切な日であり、氏神様に収穫の感謝かたがた、子供の成長を感謝し、更なる御加護を祈ったのです。
 
正一位 式内社 穴水大宮
〒927-0026 石川県鳳珠郡穴水町大町ホの1番地  電話:0768-52-〇七五三
URL http://oomiya.main.jp/   E-mail sktmys@angel.ocn.ne.jp