" " 正一位 式内社 穴水大宮
本文へジャンプ
 
           
 HOME
御祭神

天照皇大神の心化の神
田心姫命 (たごりひめのみこと)
湍津姫命 (たぎつひめのみこと)
市杵島姫命 (いちきしまひめのみこと)
 正一位稲荷大明神
 大山咋命 加具頭知命 宇迦魂命 少名彦命


神事
四月二十八日〜二十九日 郷社祭・獅子舞を従え御神輿渡御
六月三十日大祓式(悪魔祓)として奇祭あり
九月は奉燈祭としてキリコ、曳山の供奉あり
一月は千古より伝来の厄除祈祷あり


御由緒
延喜式内社の辺津比盗_社と知られ、穴水大宮として尊敬され、あまねく親しまれてきた名社で初詣や七五三等の参拝は能登有数である。
本殿正殿の地中に大概六尺四方の神秘な石棺あり 神代の宝器・旧記等が納められているという。
・・・中略・・・
桜谷と称する洞穴より出ずる清泉を真名井と言い、穴水とも同意なり。
元祿度より亨保度まで徳川家の御領に相成り代官在住支配の節も当社は郡中の総社と定められ尊敬の御社にして、即ち、寄附の金燈籠など今なお現存す。
又、北陸最古の絵馬(帆掛船)あり。
永治度西行法師当社へ参拝の折、奉納詠歌などもある。
いにしえ、神前までさざ波が打ち寄せ辺津の入り江といい、舟を繋ぎ止めていた。
正一位とは、神の最高位の称号をいう。
 (神祇管領長上家公文所)

西行法師 奉納詠歌 石碑
立ち帰り 辺津の入り江に 舟とめて いくたびも見む 能登の島山
 北陸最古 船絵馬
船絵馬は縦60センチ、横90 センチ。
江戸時代中期の宝暦 2年 (1752 )の銘をもつ弁才船形式の船。
額表の左下に「田中屋」の記載がある。裏面にも1942(昭和17) 年、県内の文化財保護に活躍した日本画家の玉井猪作(敬泉)氏が補修した経緯が「田中安太郎」名で記されていることなどから、新潟県出雲崎町の古文書 に残る「穴水田中屋吉三郎」の奉納とみられている。
江戸後期に姿を消した縄の装飾「ばら下がり」が見える船首、帆の上部を2 本の綱で操る帆走図などに特徴があり、北前船とみられる。

神棚用蓬莱

大砲 
 
「四十口径安式15糎砲」日露戦争に際して、英国アームストロング社製の40口径6インチ速射砲180門が輸入され戦艦・巡洋艦の副砲として使用された。
これを準国産化した火砲が「四十口径安式六吋砲」「四十口径安式十五糎砲」である。
側面には「STABILIMENTO ARMSTRONG POZZUOLI」と 文字が刻まれてある。


宗像三女神を祭神とする全国の神社
宗像大社 福岡県宗像市田島鎮座 総本社
   宗像神社 全国各地
厳島神社 広島県廿日市市厳島鎮座 総本社 安芸国一宮
   厳島神社 全国各地
網走神社 北海道網走市鎮座 北見国一宮
善知鳥神社 青森県青森市安方鎮座
隠津島神社 福島県郡山市湖南町鎮座
隠津島神社 福島県二本松市木幡鎮座
江島神社 神奈川県藤沢市江の島鎮座
藤切神社 滋賀県東近江市甲津畑町鎮座
穴水大宮 石川県鳳珠郡穴水町鎮座
阿智神社 岡山県倉敷市本町鎮座
日招八幡大神社 愛媛県松山市鎮座
蒲生八幡神社 福岡県北九州市小倉南区蒲生鎮座
薦神社 大分県中津市鎮座
田島神社 佐賀県唐津市呼子町加部島鎮座
淵神社 長崎県長崎市淵町鎮座




宗像三女神



神事



御由緒書

 
正一位 式内社 穴水大宮
〒927-0026 石川県鳳珠郡穴水町大町ホの1番地  電話:0768-52-〇七五三
URL http://oomiya.main.jp/   E-mail sktmys@angel.ocn.ne.jp